AKB48鈴木まりや、巫女さん姿で初主演映画イベントに登場!「大島優子さんが目標です」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大島優子に続け!? 来年は月9に出演が目標!のAKB48の鈴木まりや

 21日、東京・秋葉原の神タワーでAKB48の鈴木まりやが、映画『こっくりさん 劇場版』のDVDリリースイベントに巫女さん姿で登場した。本作で映画初主演を果たした鈴木は、「女優として大島優子さんが目標です」と語り、今後はアイドルだけでなく女優業に対しても意欲があることを明かした。

映画『こっくりさん 劇場版』写真ギャラリー

 映画初出演にして主演の座を射止めた鈴木は、こっくりさんがテーマの本作にちなみ、巫女さんのコスプレ姿で登場し「こっくりさんで悪霊と戦った自分が、来年も良い年でありますように、(皆さんに)おはらいをプレゼントします」とやる気満々。この日の衣装については「クリスマスなので赤がいいかなとも思いました」とクリスマス色であるという理由から緋袴(ひばかま)の巫女さん衣装を選んだことを明かし、報道陣の笑いを誘った。

[PR]

 そんな鈴木は、作品の見どころを「ホラーで全編暗い感じですが、ラストシーンはハラハラします。本物の廃校で撮影したのでそのドキドキが皆さんにも伝わればいいなと思っています」とアピール。また「夜の車中の撮影では、お腹が空いてしまってお腹が鳴るのを止めるのが大変でした。力をいれても緩めてもどうしても鳴ってしまいました……」とかわいらしく撮影の苦労話を披露した。

 最後に「AKBで誰よりも一番の女優さんになりたいので、大島優子さんが目標です。選抜メンバーでもないわたしが言うのもちょっとと思われるかもしれませんが、来年は月9ドラマの主演になれるくらいの勢いで頑張りたいです」と来年の抱負を述べた。そのかわいらしい容姿だけでなく、取材陣からの矢継ぎ早の質問にもよどみなくしっかりと答えるなど、頭の良さもうかがわせた鈴木。ドラマの主演を張る日もそう遠くないかもしれない。

 本作は人気アイドルグループAKB48の鈴木まりやが映画初主演を務めたホラー映画。母親の不可解な死をきっかけにこっくりさんの呪いに立ち向う女子高生・絵梨(鈴木)の姿を描く。監督はネットの都市伝説を描いた映画『2ちゃんねるの呪い 劇場版』の永江二朗。共演には『渋谷怪談 THEリアル都市伝説』の片岡明日香、『あぜみちジャンピンッ!』の梅本静香など。(取材・文:池田敬輔)

映画『こっくりさん 劇場版』DVDはサークルKサンクス・カルワザオンラインで発売中 価格:1,500円(税込み)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]