スカーレット・ヨハンソン、金銭トラブルが報じられている母親との不仲説を否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
不仲説がささやかれるスカーレット・ヨハンソン(右)と母親のメラニー・スローン - Jeremy Kost / WireImage / Getty Images

 2009年にマネージャーだった母親メラニー・スローンをクビにしたスカーレット・ヨハンソンが、母親との不仲説を否定した。

スカーレット・ヨハンソン出演映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』写真ギャラリー

 メラニーは、マンハッタンにある2ベッドルームのアパートを140万ドル(約1億640万円)で購入しようと13万ドル(約988万円)の手付け金を支払ったが、住宅ローンが組めないため契約を解除した。契約書には手付金は返金されると記載されていたが、お金が戻ってこないためメラニーは訴訟を起こし、金銭トラブルが発覚したのだ。

 ニューヨーク・デイリー・ニュース紙は、金遣いの荒い母親にスカーレットがうんざりしていたことがマネージャーを解雇した理由の一つと報じており、今回の金銭トラブルでスカーレットは手を差し伸べることはないと報じている。解雇騒動以来、二人の仲は険悪と言われているが、スカーレットのスポークスマンはこれを否定。「スカーレットとメラニーの仲は、これまでになく密接です。二人は、何年も一緒に仕事をして築いた、確かで生産性の高いパートナーシップを誇りに思っており、プライベートの関係もしっかりとし、愛にあふれています」とニューヨーク・ポスト紙にコメントしている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]