モンティ・パイソンのテリー・ジョーンズ、SF映画でパイソンズを再結成へ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パイソンズのメンバーが再結集!? - Michael Ochs Archives/ Getty Images

 コメディー・ユニット、モンティ・パイソンのメンバー、テリー・ジョーンズが、新作SF映画でパイソンズのメンバーを再結成させることを明らかにした。

モンティ・パイソンのテリー・ギリアム監督映画『Dr.パルナサスの鏡』写真ギャラリー

 パイソンズが集結する作品は、テリーが監督を務めるSF映画『アブソルートリー・エニシング(原題) / Absolutely Anything』。2010年に1度、製作企画があることが報じられたが、英ガーディアン紙などによると、テリーのほかメンバーのジョン・クリーズテリー・ギリアム、マイケル・パリンの出演がすでに決定しているという。

[PR]

 モンティ・パイソン再結成のニュースは、昨年6月、1989年に亡くなったメンバーのグレアム・チャップマンさんの半生を3Dアニメーションにした映画の製作が発表され、テリーやジョン、マイケルがかかわることが報じられたが、この作品ではエリック・アイドルは契約をしなかった。今回も、エリックはまだ契約を交わしていないが、今後サインをすることが期待されている。

 『アブソルートリー・エニシング(原題) / Absolutely Anything』はSFのCG作品で、人間がエイリアンの一団から強大な力を授かり、やがて破滅へと向かっていくストーリー。メンバーはエイリアンたちの声で出演する。そのほか、「話す犬」デニス役でロビン・ウィリアムズが出演する予定。ジョーンズ監督は、「これはモンティ・パイソンの映画ではないが、その感性を持った作品だ」と語っており、モンティ・パイソン色の豊かな作品となりそうだ。(竹内エミコ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]