ガッキー、家族と距離を感じていた過去を赤裸々告白「今でも引きずっている部分がある」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
思春期の経験を赤裸々告白した、新垣結衣

 28日、家族愛をテーマにした映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』の公開初日舞台あいさつがTOHOシネマズ日劇で行われ、ヒロインを演じた新垣結衣が、家族と距離感を感じていたという過去を明かした。この日は阿部寛溝端淳平田中麗奈松坂桃李三浦貴大中井貴一土井裕泰監督も登壇した。

映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』写真ギャラリー

 本作は人気作家・東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」を基に、阿部寛主演で放送されたテレビドラマの劇場版。ミステリー初出演となった新垣は「このシリーズは事件が解決されていくごとに心が温かくなる作品。初めて挑戦するミステリーがこの作品になってうれしいです」と出演の感想を笑顔でコメント。「プライベートでもミステリーを観ることはなかったのですが、興味が出てきました」と女優として新領域に踏み込んだ手応えを感じたようだった。

[PR]

 また家族愛を描いた本作にちなみ、「わたしも思春期の頃、家族と距離ができたことがありました。今でも引きずっている部分があります」と意外な過去を告白。「家族だけでなく大切な人でもいい。もし距離ができてしまっている方は、この映画が距離を埋めるきっかけになって、皆さんが毎日を笑顔で過ごしてもらえれば」と明るく観客に訴えかけた。

 一方の阿部も「この年になると、親父と話す機会が多いんです。今日も(父が会場に)来ているなぁ」と目を細め観客席を見渡す。「親父は80歳を過ぎている。話していると戦争のときのことなどたくさん聞かせてもらえる。もっと早く話しておけばよかったと思う」としみじみ家族愛をかみしめていた。

 映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』は、腹部を刺された状態で8分間も歩き続けた男が、東京・日本橋の麒麟(きりん)の像の下で息絶える。容疑者の男は逃亡中に事故に遭い、意識不明の重体に。日本橋署の加賀恭一郎(阿部寛)は事件を捜査するにつれ、関係者の知られざる一面に近づいていく。(肥沼和之)

映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]