『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが、スティーヴン・ソダーバーグ監督とタッグ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ソダーバーグ監督とのタッグ作が楽しみです! - ルーニー・マーラ - Jun Sato / WireImage / Getty Images

 映画『ドラゴン・タトゥーの女』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたルーニー・マーラが、スティーヴン・ソダーバーグ監督の新作『サイド・エフェクツ(原題) / The Side Effects』に出演することがDarkhorizons.comによって明らかになった。

ルーニー・マーラ出演映画『ドラゴン・タトゥーの女』写真ギャラリー

 これは、オープン・ロード・フィルムズによって制作される予定の映画で、脚本は映画『インフォーマント!』や『コンテイジョン』のスコット・Z・バーンズが執筆することになっていて、そのストーリーは、うつで薬漬けとなっていた女性が医者と関係を持つが、彼女には刑務所の釈放を待つ夫がいたというドラマ作品で、この主人公の女性役をルーニー・マーラが演じるようで、当初出演する予定だったブレイク・ライヴリーの代役を務めるようだ。彼女のほかに、医者役をジュード・ロウ、夫役をチャニング・テイタムが演じることになっている。

[PR]

 製作は、近年ずっとソダーバーグ監督作品をプロデュースしてきたグレゴリー・ジェイコブズと映画『ソルト』や『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のロレンツォ・ディボナヴェンチュラが担当することになっている。

 撮影は、今年の4月から行われる予定だ。これまでポルノ女優やファイターなどを自身の作品の主演女優として配役してきたソダーバーグ監督が、ルーニー・マーラをキャスティングして、どのような化学反応を生み出すか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]