ショーン・ペン、ハイチ共和国の無任所大臣に任命 ハイチ地震後に現地で数千人の生活支援

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハイチで支援活動を行うショーン・ペン - Lee Celano / Getty Images

 俳優のショーン・ペンが、2010年に起こったハイチ地震以来、彼が行ってきた人道的支援が称えられて、ハイチ共和国のミシェル・マーテリー大統領により、無任所大臣に任命された。

ハリウッド映画業界の内幕を描く! ショーン・ペン出演映画『トラブル・イン・ハリウッド』写真ギャラリー

 西インド諸島に位置するハイチ共和国で、2010年1月12日にマグニチュード7の地震が発生、死者の数は30万人以上に及んだ。ショーン・ペンは、地震の数か月後、役員の一人としてJ/Pハイチ支援機構(J/P Haitian Relief Organization)を設立、家を失い避難所生活を送る何千人もの人々の生活を支援してきた。

[PR]

 ウェブサイトhuffingtonpost.comによれば、マーテリー大統領は、特別セレモニーでショーン・ペンの功績を称えながら、ペンが大臣に任命されたことについて、「唯一のマイナス面は、もう彼をファーストネームで呼べなくなってしまったことだ。これからは、大臣と呼ばなければならないからね」とジョーク交じりでコメントしている。ちなみに、無任所大臣とは、いずれの行政機関にも属さない国務大臣をいう。

 ハイチ地震への支援は、レオナルド・ディカプリオジョージ・クルーニーアンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットサンドラ・ブロック、マドンナ、レディー・ガガタイガー・ウッズキム・ヨナ、鳩山幸など、各界の人々が寄付やチャリティ活動を行っている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]