miwa、映画『桜蘭高校ホスト部』主題歌を担当!原作の大ファン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『桜蘭高校ホスト部』場面写真 - (C)葉鳥ビスコ/映画『桜蘭高校ホスト部』製作委員会

 現役女子大生シンガーソングライターのmiwaが、人気少女マンガを原作にした映画『桜蘭高校ホスト部』の主題歌をテレビドラマ版に引き続き担当することが明らかになった。主題歌「いくつになっても」は2月4日から劇場上映される新予告編に使用されており、そこでいち早く聴くことができる。

映画『桜蘭高校ホスト部』場面写真

 明るく激しいガールズロックサウンドの「FRiDAY-MA-MAGiC」がテレビドラマ版主題歌に抜てきされたmiwaは、ストーリーにもつながりのある映画版の主題歌を務めることについて、「曲を作るときに撮影直後の映画の映像を見せてもらったのですが、まだ編集中にもかかわらず画面からあふれるくらい楽しさが伝わってきて、自分もがんばんなきゃ! と思いながら作りました」とコメント。

[PR]

 そうして出来上がった「いくつになっても」はパンキッシュで楽しいロックな楽曲だ。「もともと原作の大ファンだったので、世界観には自信があります(笑)。映画と同じくこの曲も聞いた人に明るく、元気になってもらえたらうれしいです」と映画の雰囲気を反映したものになったと明らかにしている。

 同曲のCD発売は未定とのことだが、miwaが担当するラジオ番組「miwaのオールナイトニッポン」の今月7日深夜のオンエアで披露されるほか、同22日より着うたでの配信も決定。miwa自身、初めてスカの要素を取り入れたという新境地の作品だけに、ファンは要注目だろう。

 映画『桜蘭高校ホスト部』は、累計1,300万部を突破している葉鳥ビスコの人気同名漫画を実写化した作品。川口春奈山本裕典といったテレビドラマ版のキャストに加え、劇場版にはAKB48の篠田麻里子2PMニックンも出演。原作者の葉鳥も脚本に協力するなど、テレビドラマ版からさらなるパワーアップを果たしている。(編集部・福田麗)

映画『桜蘭高校ホスト部』は2012年3月17日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]