三田村邦彦、息子と映画初共演!新潟・福島豪雨が題材『アノソラノアオ』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
三田村邦彦の息子・中山麻聖 - (C) 2012「アノソラノアオ」製作委員会

 俳優・三田村邦彦が、息子で俳優の中山麻聖と映画初共演を果たした『アノソラノアオ』が3月に劇場公開されることが決まった。本作は、平成16年7月に実際に起こった新潟・福島豪雨を物語の背景に据えている作品で、三田村と中山は劇中でも親子にふんしている。

 新潟県出身のナシモトタオ監督が、地元の全面協力を得て描いた青春ドラマ『アノソラノアオ』。キャストも新潟県出身の三田村、原幹恵永井大らが名を連ね、スタッフも同県出身・在住の面々がそろった地域密着型の映画だ。「平成16年7月新潟・福島豪雨」で母を失った主人公・陽介を中山麻聖が、その父を三田村が演じている。

 水害により母が亡くなったという事実を受け入れられない主人公が、仲間の死をきっかけに自分を見つめ直し、再生しようとする姿……。東日本大震災以降、人と人とのきずなや身近なものの大切さを改めて感じた人も多いはず。本作はそんな人の胸に染み入る感動の青春人間ドラマに仕上がっている。(編集部・小松芙未)

映画『アノソラノアオ』は3月31日よりユーロスペースほか全国順次公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]