踊れるオネエ・クリス松村、フォーリーブスの北公次さんは「ダンスと歌を一緒に楽しませてくれた方」と悼む

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「アンタは存在自体が3Dなのよ!」とツッコミ合ったKABA.ちゃんとクリス松村

 第84回アカデミー賞のドキュメンタリー長編賞にノミネートされている3D映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』の公開記念トークショーが都内で行われ、クリス松村とKABA.ちゃんが登場。アイドルに詳しいことで知られるクリスは、先日亡くなったフォーリーブス北公次さんについて「ダンスと歌を一緒に楽しませてくれた方。残念ね」とコメントを寄せた。

映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』写真ギャラリー

 本作は2009年に急逝したドイツの世界的舞踏家で振付家のピナ・バウシュさんと、彼女が長年にわたって芸術監督を務めたヴッパタール舞踊団が生み出す世界を、ヴィム・ヴェンダース監督が3D撮影技術を駆使して映像化したドキュメンタリー。ピナの前衛的でたぐいまれな才能を知ると共に、ダンサーの息遣いまで伝わるような臨場感あふれるダンス・シーンを堪能できる作品だ。

[PR]

 クリスはエアロビクスインストラクターでKABA.ちゃんは振付家という共に踊れるオネエとして知られる二人。この映画を気に入ったようで「ダンスと3Dが融合することによって、自分も舞台に立っているような不思議な感じだった(KABA.ちゃん)」「鳥肌が立ったわ。ダンスという切り口から入っているけど、人生をどう表現するかを描く深い映画ね(クリス)」とそれぞれ絶賛。

 また二人は「アンタは存在自体が3Dなのよ!」などとお互いをツッコミ合うなど、オネエならではのユーモラスなトークを繰り広げて会場を爆笑の渦に包み、終了後には二人でくるくる踊りながら退場。その後、現在話題になっている人物についてコメントを求められ、オセロの中島知子については「早く戻ってきてほしい。あんなにキレイでセンスも良かったのにね」と口をそろえていた。(古河優)

映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』は2月25日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9ほか全国順次3D公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]