“平たい顔”の上戸彩、日本人なのにローマ人を熱演した濃い顔ぞろいの男性陣を一蹴!「みんな濃いぞー」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
濃い顔ぞろいの俳優陣に囲まれて会見に出席した上戸彩

 22日、都内の銭湯で映画『テルマエ・ロマエ』の完成報告会見が行われ、阿部寛上戸彩市村正親宍戸開が出席した。本作で久々の銭湯体験ができたという上戸は「小学生のころ友達と友達のお母さんに連れられて以来」とドキドキの様子であり、「この仕事をしていると大浴場とか行く機会がなくて、この空気に触れられてうれしいです」と懐かしの銭湯の雰囲気にご満悦だった。

映画『テルマエ・ロマエ』写真ギャラリー

 古代ローマと現代日本の風呂文化をコミカルに描いた本作。主演の阿部をはじめ市村、宍戸ら濃い顔のキャストが古代ローマ人を熱演し、撮影がイタリアにあるヨーロッパ最大級の映画撮影所・チネチッタで行われたことも話題になった。

[PR]

 現地での撮影中は常に「誰が一番顔が濃いか」の話題で盛り上がっていたそうで、宍戸は「誰がキャストで一番濃いかのアンケートをしたりしましたね。この3人なら阿部さんです。でもこの話をすると終わらなくなるし、ケンカになるんです」と笑顔。市村は「ここにはいないけど一番は北村一輝かな」と明かすと、阿部も「傷をなめ合うように仲良くなれましたね」と振り返った。

 一方、現代日本人の“平たい顔族”を演じた上戸は、そんな濃い顔談義で盛り上がっていた男性陣をよそに「現場で何度もこの話題になってたけど、みんな濃いです。現地の方よりもはるかに濃かったです」とサラリ。「わたしは『みんな一緒だよー、みんな濃いぞー』って心の中で思っていました」と明かし、濃い顔の男性陣を苦笑いさせていた。

 本作はヤマザキマリの人気コミックの実写映画化。古代ローマでアイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)が、お風呂限定で現代日本にタイムスリップするようになってしまったことから、日本の風呂の文化に感銘を受け風呂作りに奮闘する姿を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『テルマエ・ロマエ』は4月28日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]