坂本真綾、フランスアニメーション界の鬼才から「非常に満足している」と絶賛!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
坂本真綾がフランスアニメーションの吹き替えに挑戦! 作品を手掛けた鬼才ミッシェル・オスロ監督

 25日、東京ビッグサイトで開催中の東京国際アニメフェア2012にて、映画『夜のとばりの物語』の特別上映会が行われ、フランスアニメーション界の鬼才ミッシェル・オスロ監督と、日本語版キャストを務めた声優の坂本真綾が登壇。坂本の吹き替えに、オスロ監督は「非常に満足している」と太鼓判を押した。

ミッシェル・オスロ監督の映画『キリクと魔女』場面写真

 登壇するなりオスロ監督は「アニメーションの最先端の地、東京にいることを非常にうれしく思います」と会場のファンにあいさつ。そして「坂本真綾さんの協力を得て、自分の作品が日本語で上映され、遠くない将来(日本で)この作品が成功すると思います」と満足げに語り、坂本に本作の最後の物語を絵本にしたものをプレゼントした。

[PR]

 監督から絶賛された坂本は「監督とお会いできることを楽しみにしていました。短編作品で、いろいろな役柄の女の子を演じさせていただき、難しい部分もありましたが、とてもやりがいのあるお仕事でした」と笑顔で語る。また「原音のフランス語の女性がすてきなので、そのイメージを大切にしながら演じました」と収録当時のことを振り返った。

 また、今回の上映会は、被災地から避難してきている方々も招待されたが「震災に遭われた方に『世の中にはいいこともあるのだ』ということが、この作品から伝われば……」と語ったオスロ監督。さらに「日本は個性豊かな国。(震災)以前より、さらに良くなることを祈っています」とエールを送った。

 本作は、世界の優れたアニメーションを、ジブリ美術館がセレクトし紹介する「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」によって日本公開が決定。少年と少女が、6つのさまざまなシチュエーションで愛の深さを問うアニメーション作品。俳優の西島秀俊がアニメーションの声優に初挑戦していることにも注目が集まる。(磯部正和)

映画『夜のとばりの物語』は6月30日より新宿バルト9ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]