『007』シリーズ新作は12月1日より日本公開決定!邦題は『007 スカイフォール』に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『007 スカイフォール』ビジュアル - skyfall(C)2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

 世界中から愛されている『007』シリーズ最新作の邦題が『007 スカイフォール』に決定した。12月1日より日本公開されるため、シリーズ第1作『007/ドクター・ノオ』の発表から50周年となる記念の年に日本でも最新作が観られることになる。

シリーズ前作『007/慰めの報酬』フォトギャラリー

 昨年11月3日にタイトルが発表されたシリーズ第23作の本作は、前2作に引き続きダニエル・クレイグが007ことジェームズ・ボンドを演じ、『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を受賞したサム・メンデス監督がメガホンを取ることも話題に。オスカー監督が起用されるのは本作がシリーズ初のことであり、同じくオスカー俳優のハビエル・バルデムが悪役を務めるという豪華布陣だ。

[PR]

 ストーリーについては、007の上司でありながらこれまであまりスポットの当てられることのなかったM(ジュディ・デンチ)を中心に展開することが明かされてはいるものの、詳細は伏せられたまま。だがメンデス監督は「Mが過去の亡霊に付きまとわれるにつれ、007がその忠誠心を試されることになる」という概略と共に「多くのアクションを含む、歴代ボンド映画のすべての要素」が入っているとコメントしており、集大成的な作品になることは間違いない。

 シリーズ生誕50周年を彩る本作では、イギリスのナオミ・ハリス、フランスのベレニス・マーロウという二人の女優がボンドガールを務めるなど、話題性も十分。現在はトルコ・イスタンブールで撮影は順調に進んでいるといい、今後ロンドン、スコットランド、上海でのロケを予定。今年10月26日にイギリスとアイルランドで公開された後、11月9日にアメリカで、それから約3週間後の12月1日に待望の日本公開を迎える。(編集部・福田麗)

映画『007 スカイフォール』は12月1日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]