ジェシカ・ラング、エミール・ゾラ原作の「テレーズ・ラカン」現代版に出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演が決定したジェシカ・ラング - Dan MacMedan / WireImage / Getty Images

 1982年の映画『トッツィー』で助演女優賞、1994年の映画『ブルースカイ』で主演女優賞と、二度のオスカーを受賞しているジェシカ・ラングが、フランスの作家エミール・ゾラ原作の「テレーズ・ラカン」の現代版に出演することになったと報じられた。

ジェシカ・ラング出演映画『ビッグ・フィッシュ』写真ギャラリー

 19世紀のパリを舞台に、病弱な夫と息子を溺愛する母親とともに、息の詰まるような生活を送るテレーズが、ある日夫の友人と出会い激しい恋に落ちていく様を描いた原作は、これまで何度も映画化やテレビ映画、テレビミニシリーズとして製作されてきた。最も有名なのは、1953年のマルセル・カルネ監督、シモーヌ・シニョレ主演の映画『嘆きのテレーズ』だろう。

[PR]

 その再三の映像化作品でテレーズを演じるのは、オルセン姉妹の妹エリザベス・オルセンで、ラングの役はテレーズの義母、ラカン夫人だ。ウェブサイトEW.comによれば、当初この役には、グレン・クローズが決まっていたが、降りることになったらしい。

 その他、夫役に映画『ハリー・ポッター』シリーズのドラコ・マルフォイ役、トム・フェルトンが決まっている。監督は、映画『まんちぃず』などの俳優で、テレビドラマ「エバーウッド 遥かなるコロラド」のエピソードの一つを手がけたチャーリー・ストラットン。撮影・公開の時期は明らかにされていない。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]