『ジャッキー・ブラウン』の女優パム・グリアを描いた伝記映画が始動!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パム・グリア - Dr. Billy Ingram / WireImage / Getty Images

 映画『ジャッキー・ブラウン』やテレビドラマ「Lの世界」の女優パム・グリアを描いた伝記映画が製作されることがDarkhorizons.comによって明らかになった。

パム・グリア出演映画『幸せの教室』場面写真

 これは、パム・グリアが執筆した自叙伝「フォクシー、マイ・ライフ・イン・スリー・アクツ(原題) / Foxy, My Life in Three Acts」を基に映画化する予定の作品で、そのストーリーは、1970年代に生まれたブラックスプロイテーション映画(アフリカ系アメリカ人をターゲットに作られた実験的作品)の全盛期に、映画『コフィー』や『フォクシー・ブラウン』などで主役を演じて名をはせたパム・グリアの映画とテレビを通しての活躍が描かれているだけでなく、彼女の恋人だったリチャード・プライアーカリーム・アブドル=ジャバールなどの男性関係、そして彼女のがんとの闘いなども含まれている。

[PR]

 脚本はユーネッタ・ブーンが執筆し、製作は映画『売春捜査官』『睡眠障害』(日本未公開)のアルフレッド・サプス、さらにマイケル・ベッカーとベニー・リッチバーグが担当することになっている。

 70年代に一躍スターの階段を駆け上がった後、80年代にがんの闘病生活を経て、再び90年代にクエンティン・タランティーノジョン・カーペンターらの作品で復活を遂げていく彼女の半生を描いた作品は、興味深いものになりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]