ジェニファー・アニストン、コメディドラマ『ウィ・アー・ザ・ミラーズ』に出演交渉中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演交渉中のジェニファー・アニストン - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 ジェニファー・アニストンがコメディドラマ『ウィ・アー・ザ・ミラーズ(原題) / We're The Millers』に出演交渉中であることがdeadline.comで明らかになった。

ジェニファー・アニストン主演映画『迷い婚-全ての迷える女性たちへ-』写真ギャラリー

 ストーリーは、マリファナの売人が偽者の妻と二人の子どもを金で雇い、偽の家族を引き連れロードトリップをしながらマリファナ1,000ポンド(約454キログラム)をメキシコから密輸しようとするというもの。アニストンは、映画『モンスター上司』でも共演したジェイソン・サダイキスが演じる予定のマリファナの売人の偽の妻で、本業は売春婦という役柄をオファーされている。二人の子どもたちは街で拾った不良たちという設定だ。

[PR]

 脚本は映画『ウエディング・クラッシャーズ』(日本未公開)のスティーヴ・フェイバーボブ・フィッシャーが担当し、映画『ドッジボール』のローソン・マーシャル・サーバー監督がメガホンをとる。

 ジェニファー・アニストンは映画『ワンダーラスト(原題) / Wanderlust』が2月に全米公開されたばかりで、今後の出演予定作品の中には、『ワンダーラスト(原題)』の共演が縁で交際を始めたジャスティン・セローが監督を務めるコメディスリラーがある。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]