クリステン・スチュワートとロバート・パティンソン、『ブレイキング・ドーン PART2』の一部撮り直しへ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
撮り直しはカツラで挑むの? - ロバート・パティンソン - 写真は2月に撮影されたもの - Sean Gallup / Getty Images

 日本公開が12月28日に決定した映画『トワイライト』シリーズ最終章『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』だが、急遽、一部シーンの撮り直しをすることになったという。

映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』写真ギャラリー

 監督のビル・コンドンは、バンクーバーでいくつかのシーンの追加撮影を行うことを発表。撮影にはクリステン・スチュワートロバート・パティンソンも含まれているというが、新たなシーンではないとのこと。「新しいシーンやセリフを撮るわけではありません。キャストやスタントを使った、テクニカルな部分の撮影です」とFacebookで説明し、みんなにまた会えるのを楽しみにしていると付け加えた。

 最近は『トワイライト』の話題が少ないため、ファンは撮り直しというニュースに湧いたが、ロブの容姿の変化に不安の声も聞かれている。ロブは2月に坊主頭でベルリン国際映画祭に出席しているため、「髪の毛はカツラになるのか?」と騒がれているほか、最近は少々体重が増えてきていることもファンは指摘。クリステンもロブにダイエットとエクササイズをするよう勧めているとの報道もある。新たなシーンではなく、取り損ねたアングルなどの撮影のため、多少の体重増加はCGでなんとかなるのかもしれない。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]