人気ゲーム「サイレントヒル」が3D映画化!今年のハロウィーンに全米公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あの恐怖が再び!しかも3Dで! - Stephen Shugerman / Getty Images

 コナミの同名ホラーゲームを原作にした2006年の映画『サイレントヒル』の続編『サイレントヒル: リベレーション 3D(原題) / SILENT HILL: REVELATION 3D』が3D映画として、今年10月26日に全米公開されることが明らかになった。配給を務めるOpen Road Filmsが発表した。

2006年公開の映画『サイレントヒル』フォトギャラリー

 2006年に公開された第1作は、オープニングで全米ナンバー1ヒットを記録し、最終的には全世界で1億ドル(約80億円・1ドル80円計算)近い成績を残した。シリーズ第2作、そして初の3D作品となる本作は、ラダ・ミッチェルショーン・ビーンデボラ・カーラ・アンガーといった前作のキャストが続投。『デス・フロント』のマイケル・J・バセット監督がメガホンを取っている。

[PR]

 現在のところ明かされているストーリーでは、へザーという名の少女が主人公となっているため、ゲーム版「サイレントヒル3」を下敷きにしているものとみられる。ヘザーを演じるのは、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』や岩井俊二監督の新作『ヴァンパイア』にも出演するアデレイド・クレメンスだ。

 北米では毎年ハロウィーンに多くのホラー映画が公開される。近年では『SAW』など、ここでヒットを記録してシリーズ化されるものも多いだけに、ファンは期待したい。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]