ニューヨークの伝説のクラブ、CBGBを舞台にした映画で『ハリー・ポッター』シリーズのアラン・リックマンが主演に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スネイプ先生から、今度は伝説のクラブのオーナーへ! - アラン・リックマン - John Lamparski / WireImage / Getty Images

 伝説のクラブ、CBGBを舞台にした映画で、映画『ハリー・ポッター』シリーズのアラン・リックマンが主演に決定したとのニュースがVarietyにより明らかになった。

アラン・リックマン出演映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』場面写真

 CBGBは1973年にヒリー・クリスタルが創立し、一躍パンクロックのメッカとしてニューヨークだけでなく世界的に注目され、ニューヨークの観光名所の一つに挙げられるほど話題になったクラブ。

[PR]

 ストーリーはヒリー・クリスタルの実話を元に、CBGBがいかにアンダー・グラウンド・ロック・シーンにインパクトを与えたかを描くもので、トーキング・ヘッズ、ザ・ラモーンズ、ブロンディなどのアーティストがフィーチャーされるという。アラン・リックマンはオーナーのヒリー・クリスタルを演じる。

 監督は映画『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』(日本未公開)のランドール・ミラーで、パートナーのジョディ・セイヴィンと脚本も共同執筆している。ミラー監督は「この役はヒリー・クリスタルと同じように真のアートを実現させることのできるチャンピオンであるアラン・リックマンのために描いた」と語っている。ミラー監督とアラン・リックマンのタッグは映画『プロフェッサー』(日本未公開)、『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』に続き三度目となる。

 撮影は、6月からのスタートとなる模様。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]