『リアル・スティール』が初登場首位!『ミッション:インポッシブル』は『モテキ』の連続トップ記録並べず!

週間レンタルランキング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロボット路線を前面に出したのが効いたか?『リアル・スティール』が初登場首位! - (C) DreamWorks II Distribution Co. LLC All Rights Reserved.

 5月21日付けのTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、初登場の『リアル・スティール』がトップとなった。劇場公開時は「父と息子の感動ドラマ」を強調した宣伝で、和田アキ子宮迫博之上戸彩の感動コメントを入れたCMを放映した本作だが、レンタルではアクション面を強調している。

映画『リアル・スティール』写真ギャラリー

 劇場向けチラシのビジュアルでは、ヒュー・ジャックマンと子役が中心でロボットが戦う場面の扱いは小さかったが、ジャケットでは同様のデザインながら、よりロボットを前面に押し出した。劇場公開時に大ヒットした話題性に加え、ビジュアルを変更したことでアクション好きのレンタルユーザーの関心度が高まったものと思われる。

[PR]

 2位の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は連続首位記録が3週でストップし、『モテキ』の4週連続に並ぶことはできなかった。

 3位以下で注目なのは、初登場で8位にランクインした『トランジット』。劇場未公開作ながら、TSUTAYA限定レンタルでトップ10入り。ジャケットには「この男、絶体絶命- 命綱は4億円」のコピーと「『ダイ・ハード』シリーズのジョエル・シルバー製作」(原文ママ)の解説。男性が車の前を走るビジュアルで、アクション映画であることをわかりやすく連想させる。主演のジム・カヴィーゼルは人気スターというわけではないが、これらの仕掛けが功を奏し、コアユーザーを引き付けたものと思われる。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)。
1位『リアル・スティール』(初登場)、2位『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(1位)、3位『ステキな金縛り』(3位)、4位『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(4位)、5位『カイジ2~人生奪回ゲーム~』(2位)、6位『モテキ』(5位)、7位『インモータルズ -神々の戦い-』(8位)、8位『トランジット』(初登場)、9位『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(9位)、10位『ワイルド・スピード MEGA MAX』(7位)

 来週は、邦画の話題作『ワイルド7』(5月23日レンタル)や『アントキノイノチ』(25日)、コメディー映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』(23日)が登場。新作がどこまでランキングに食い込むか、『リアル・スティール』が連続首位となるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]