サメに片腕を奪われるも不屈の精神で乗り越えた同い年のプロサーファー、ベサニー・ハミルトン来日!IMALUも感動!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
IMALU&ベサニー・ハミルトン

 23日、サメに片腕を奪われたサーファー女性の実話を基にした映画『ソウル・サーファー』のジャパンプレミアが都内で行われ、主人公のモデルとなったプロサーファーのベサニー・ハミルトン、花束ゲストとしてベサニーと同い年のタレントIMALUが登壇した。

IMALU出席!-映画『ソウル・サーファー』ジャパンプレミア写真ギャラリー

 本作は、13歳のときサメに襲われ片腕を失いながらも、プロを目指して再起した実在のサーファー、ベサニー・ハミルトンの実話を映画化した感動作。突然の悲劇に絶望しサーフィンと決別しようとするものの、競技者として復活を果たしたベサニーの不屈の精神と家族のきずなを描く。主人公を『チャーリーとチョコレート工場』のアナソフィア・ロブが演じ、友人役を名優ジャック・ニコルソンの娘ロレイン・ニコルソンが務めている。

[PR]

 今回、ハワイから初来日を果たしたベサニーは「アロハ! 昨日来日したばかりだけど、今朝は動物園でパンダを見たし、大好きな日本食を楽しんでいるわ!」と元気にあいさつ。本作について、「自分と家族が苦難を乗り越えていく姿を忠実に描いた素晴らしい作品になっていると思います」と満足していることを明かした。

 そして自身を襲った事故について、「家族と友人の愛情、そして信仰心に支えられて克服できた。悲劇と感じる人もいるかもしれないけれど、わたしは無くした腕を取り戻したいとは思わない。何か意味、与えられた使命があって自分はこうなったと思っている」ときっぱり。その後日本人に向けて「去年は日本でも東日本大震災があって、今でも苦しんでいる方がたくさんいると思います。人生で苦境に立たされている方が、わたしのストーリーから勇気を得てくださればと思っています」とメッセージを送った。

 この日のイベントでは、最後にIMALUが登場し、ベサニーに花束を贈呈。IMALUは「(映画を観て)泣きました。サーフィンをやり続けるベサニーさんのかっこよさ、困難をポジティブに変えていく強さに感動しました。勇気づけられる映画だと思います」と絶賛。さらに「この映画を観て、初めてサーフィンをやってみたいと思いました! 誰か教えて下さい(笑)」とちゃめっ気たっぷりにアピールしていた。(古河優)

映画『ソウル・サーファー』は6月9日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]