ロバート・パティンソン、「素のイギリス・アクセントの役は裸の自分を見せている気分」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
僕はヒーロー映画に出られるようないい体をもっていないけど、アメリカ映画の方が好きだよ - ロバート・パティンソン

 映画『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンが、素のイギリス英語よりもアメリカン・アクセントで演技をするほうが好きだと語った。

ロバート・パティンソン主演映画『恋人たちのパレード』写真ギャラリー

 「イギリス・アクセントだと裸になった気分なんだ。演技をしていないような気がしてしまう」とザ・サン紙に語っている。どちらにしても、ロブはイギリスの映画にはあまり興味がないようなので、その心配はしなくていいようだ。アメリカの映画産業はイギリスに比べはるかに規模が大きいと語り、イギリスの映画にあまりいい作品はないと辛口のコメントをしている。

 エクササイズが大嫌いなことで知られているロブは、アクションヒーローは演じられないと自分でわかっており、小さな役で俳優として生き延びられたらうれしいとのこと。「興味深い映画の小さな役で俳優として活動していけるなら、それでいい。僕はロボット映画に出られるようないい体をしていないからね」とコメント。「僕の一番の問題点は自信が持てないことだ。赤ちゃんのような歩幅で少しずつ前に進んでいて、今後もみんなが仕事をくれることだけを祈っているよ。大勢の人が映画『コズモポリス(原題) / Cosmopolis』を観に行ってキャーキャー騒ぐのは想像できない。でも実現したら最高だね」と今でも謙虚だ。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]