飲酒で逮捕されたブルース・ウィリスの娘スカウト 司法取引に応じず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
経歴に傷をつけたくないの!司法取引を避けたいスカウト・ウィリス - Michael N. Todaro / FilmMagic / Getty Images

 公共の場で酒を飲み、ニセの身分証明書を警察官に提示したスカウト・ウィリスが司法取引を退けたという。

 スカウトはブルース・ウィリスデミ・ムーアの娘で20歳。ニューヨークの飲酒年齢は21歳であることから逮捕に至った。司法取引に応じた場合、犯罪歴が残るため、スカウトの弁護士はこれを避けようとしているようだ。

 「ちゃんとしたキャリアを築こうとし、今後活躍するであろう人の将来を犯罪歴で台無しするのは間違っています」とピープル誌にコメントし、彼女の経歴に傷がつかないよう刑事罰ではないオファーを検察側が出すのを待つと言っている。

 また、弁護士はスカウトについて、非常に頭がいい子で、勉学に励んでおり、警官が逮捕したこと自体信じられないとコメント。「誰でも未成年でバーに入ろうとしたことはあるでしょう?」と言っている。ビールを公共の場で飲んでいたスカウトは、警察官に身分証明書を出すよう言われたところ、キャスリーン・ケリーと書かれたニセのIDを提示。追及されると自分のではないことを認めたという。拘留されたスカウトは保釈金を支払い自宅に戻っているが、7月31日にはマンハッタン刑事裁判所に出廷しなければならない。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]