ブラピ主演のゾンビ映画『ワールド・ウォー・Z』、公開延期に!脚本に修正

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ワールド・ウォー・Z』撮影現場でのブラッド・ピット - Jeff J Mitchell / Getty Images

 ブラッド・ピットが主演とプロデュースを務める新作ゾンビ映画『ワールド・ウォー・Z(原題)/ World War Z』が、脚本の書き直しによって公開が半年遅れることになった。

ブラッド・ピット主演映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』写真ギャラリー

 ハリウッド・リポーター紙によると、製作スタジオのパラマウントは当初2012年12月に予定されていた本作の全米公開日を、2013年6月に延期。本作は、昨年夏に撮影が行われ、ポスプロに入っていたが、脚本の書き直しと、それに伴うリシュートが行われるという。脚本を書いているのは、人気ドラマ「LOST」プロデューサーを務めたデイモン・リンデロフリドリー・スコット監督の新作SF映画『プロメテウス』でも脚本を担っている。今年の秋、9月か10月にはリシュートを行いたい予定で、現在書き直しに取り組んでいるよう。

 映画『ワールド・ウォー・Z(原題)/ World War Z』はマックス・ブルックスによる2006年の小説を基にした作品で、ブラッドふんする国連職員がゾンビ化現象の拡大を防ぐために世界中を旅するさまを描いていく。マーク・フォスターが監督を担っており、3部作のシリーズ化も視野に入れて進められていた。ファンの期待も高い大作だけに、妥協は許されないようだ。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]