『アップルシード』以来8年ぶりタッグ!『スターシップ・トゥルーパーズ』最新作テーマはBOOM BOOM SATELLITES!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『アップルシード』の興奮がよみがえる!BOOM BOOM SATELLITESが荒牧作品のテーマソングを担当!

 アメリカの人気SFシリーズ最新作となる長編アニメ『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』のテーマソングが、ロックユニットBOOM BOOM SATELLITESの「ANOTHER PERFECT DAY」に決定し、メガホンを取る荒牧伸志監督と8年ぶりのタッグが実現することがわかった。

映画『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』場面写真

 BOOM BOOM SATELLITESは中野雅之川島道行が結成し、1997年にヨーロッパでデビュー。その音楽は現地メディアから絶賛され、Mobyなど有名アーティストとも欧米ツアーを敢行した。近年では、クリストファー・ノーラン監督の大ヒット作『ダークナイト』で楽曲が使用されるなど、多くのクリエイターから絶大な人気を誇る。

[PR]

 彼らにとって荒牧監督は、2004年の映画『APPLESEED アップルシード』に楽曲の提供とメインテーマを担当した仲。8年ぶりのタッグ実現に、荒牧監督は「BBSとまた一緒にやれる。この高揚と緊張。楽しむしかないでしょ!」とコメント。世界中で人気を集めるSFシリーズへの挑戦に、心強い味方を得たようだ。

 一方のBOOM BOOM SATELLITESは、「想像を越えた懐の深い作品でした」と映画を絶賛。テーマソングについて「そんな志高い作品のエンディングにふさわしい高揚感と拡がりを感じてもらえる曲だと思います。きっと終わることなく描き続けられる作品の橋渡しの一つになれたら」と語っており、8年ぶりのタッグが作り出す、新たな世界観への期待が高まる。

 本作は、ロバート・A・ハインラインのSF小説「宇宙の戦士」を、ポール・ヴァーホーヴェン監督が映画化した『スターシップ・トゥルーパーズ』から続くシリーズの最新作。パワードスーツを着用した戦士とバグ軍団との壮絶な戦争を、『エクスマキナ』の荒牧伸志監督が、精巧なCG技術で描き出す。(編集部・入倉功一)

映画『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』は7月21日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]