役づくりで長い髪を切った平愛梨、同い年の新米監督に不満をぶつける!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
舞台あいさつに登壇した平愛梨

 16日、映画『からっぽ』の初日舞台あいさつがヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、女優の平愛梨が長い髪をバッサリ切ったという本作の役づくりについて語った。撮影半ばには、気持ちが追い込まれることもあったという平が演じたのは、不安定な心理を持つヒロイン・シーナだ。

映画『からっぽ』初日舞台あいさつ フォトギャラリー

 この日、真珠をあしらった帽子を被って登場した平は撮影中の苦労を吐露。とりわけ、作中で周りに不満をぶつける個所ではなかなかうまくいかずにイライラしていたというが、そんな平に草野翔吾監督からのアドバイスはなし。「もう監督はこのシーンを撮ってくれないんじゃ……」と追い込まれてしまった平は、同じ27歳で本作が長編デビュー作となる草野監督につっかかってしまったことを告白した。

[PR]

 だが、この日の舞台あいさつでは、そうした一連のやり取りが監督の狙いだったことが発覚し、二人は和解。草野監督の演出に乗せられた形になった平は、「監督は、普段は謙虚で優しい方」とフォローすることも忘れなかった。

 また、孤独のあまりテレポートしてしまうという主人公を演じた清水尚弥は、映画『告白』やテレビドラマ「山田太郎ものがたり」などに出演する今注目の若手俳優。「脚本を読んで、裸のシーンが多いのを知ってドキドキしていましたが、撮影初日からすっぽんぽんのシーンで、思い切りがついてよかった!」と振り返った。

 この日はほかに、大杉蓮宮下順子が登壇。初日を迎えた喜びを語ると、群馬県桐生市の後押しもあって完成した本作について「上映の機会に恵まれたので、是非まわりの方にも勧めてください」とアピールしていた。(福住佐知子)

映画『からっぽ』はヒューマントラスト渋谷にてレイトショー公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]