人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のジョン・バーンサル、マーティン・スコセッシ監督の『ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』に出演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーティン・スコセッシ監督作品に出演が決定したジョン・バーンサル - Joe Scarnici / FilmMagic / Getty Images

 人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド」でシェーン・ウォルシュ役を演じたジョン・バーンサルが、マーティン・スコセッシ監督の映画『ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート(原題) / The Wolf Of Wall Street』に出演することがDeadline.comなど複数のメディアにより明らかになった。

 この作品はレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組む、ジョーダン・ベルフォートの回顧録「ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(邦題「ウォール街狂乱日記 -「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」)の映画化作品。

 レオナルド・ディカプリオが証券詐欺とマネー・ロンダリングにまみれた危険な株式売買の世界に踏み込んでいくジョーダン・ベルフォートを演じるほか、映画『マネーボール』のジョナ・ヒルがジョーダンの親友役を演じる。

 ジョン・バーンサルはドラッグ売人で、マネー・ロンダリングを行う役を演じる。

 ジョン・バーンサルは「ウォーキング・デッド」のほか、エミー賞8部門受賞のテレビ・ミニシリーズ「ザ・パシフィック」などに出演、映画では『ナイト ミュージアム2』や『ゴーストライター』に出演と、テレビ、映画の両方で活躍している。『ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート(原題)』で、どんな悪人を演じてくれるのか楽しみな配役だ。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]