猫ひろし、次回のオリンピックに前向き!「猫だと3回くらい死んでいる年だけど」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ニャー! 猫、まっしぐら! - 猫ひろし

 ロンドンオリンピックの男子マラソンでカンボジア代表に選出されながら、先月出場不可能となった猫ひろしが、29日に都内のスポーツジムで行われたアクション映画『プレイ-獲物-』のPRイベントに登場した。

猫、走る!『プレイ-獲物-』PRイベントフォトギャラリー

 現在の心境について猫は「(出場できなくなって)複雑だけど、芸人なので気持ちを切り替えて、このことをお笑いに変えたいと思う。うちの事務所の社長からは、いいオチがついたと言われていますよ」と前向きでいることを明かした。また、次回のオリンピックで再挑戦する気はあるかと聞かれた猫は「4年後だと39歳。猫だと、3回くらい死んでいる年になる。でも体力が持てば、頑張りたいと思います!」とまだあきらめてはいない様子だった。

[PR]

 本作は、愛する妻と娘を連続猟奇殺人犯から守るために脱獄した男が、決死の追走劇を繰り広げるフランスのサスペンス・アクション作。主演のアルベール・デュポンテルが走行中の列車や車に飛び移るなど、特殊効果に頼らないダイナミックな体当たりアクションに挑んでいる。警察に追われながら、殺人犯を追うという設定で走りまくる主人公にちなんで、この日は猫が走りながら映画のPRに挑むこととなった。

 映画の感想について猫は「主人公が犯人を追う単純な話だと思ったけど、伏線が練られていて、とても楽しめた。主役の俳優さんが、この映画のためだけに体を作ったと聞いて、普段走っている僕も感情移入しましたね。ヒロシカンゲキしました!」とコメント。そして最後には、ランニングマシーンに乗って走りながら、映画のPRポイントを挙げていくことにチャレンジして汗だくになっていた。(古河優)

映画『プレイ-獲物-』は6月30日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]