ネガティブモデル栗原類、結婚・恋愛は「絶対できない」と断定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
野獣系ファッションで登場するも「申し訳ない」とネガティブ発言! 栗原類

 3日、ネガティブすぎるイケメンモデルとして現在話題を呼んでいる栗原類が、都内で行われた映画『ビーストリー』DVDレンタル発売記念イベントに野獣系ファッションで登場して、低いテンションのままネガティブ発言を連発したほか、役者業にも興味があることを明かした。

ネガティブモデル栗原類が野獣系に!『ビーストリー』DVDイベントフォトギャラリー

 本作は名作『美女と野獣』をモチーフにしたラブストーリー。ごう慢なイケメン高校生が、魔女に意地悪をしたことで、魔法で心と同じ醜い野獣に変えられてしまう。呪いを解くため醜い自分を愛してくれる人を探すうちに、真実の愛に気付いていく姿を描く。主人公は『アイ・アム・ナンバー4』のアレックス・ペティファー、共演には『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』のヴァネッサ・アン・ハジェンズや、メアリー=ケイト・オルセンら若手注目株がそろっている。

[PR]

 バラエティー番組「芸能BANG+」で紹介され、まだ17歳のイケメンモデルでありながら、あまりにもネガティブなキャラクターが話題を呼んでメディアから注目を浴びている栗原。この日は本作のモチーフ『美女と野獣』にちなみ野獣系ファッションで現れるも、「野獣系ファッションを愛している人たちに申し訳ない。こういう場に出て緊張している。(自分以外に)もっといい人がいるのに……」と出だしからネガティブなコメント。

 本作の主人公にちなみ、司会者から「過去にクラスの女の子に、オレ様キャラで接したことはないの?」と聞かれると、栗原は「ないです! 他人と騒ぐのではなく、ひとり隅で下を向いていました」とキッパリ。さらに「僕は結婚するつもりもないし、できない。恋人ができるなんて、ありえない」と語るも、マスコミ陣から「でも恋人は欲しいんですよね?」と突っ込まれると「できればいいけど……でも受け止めてくれる人はいません。絶対」となぜか断定してしまう栗原だった。

 その後、映画の見どころについて栗原は「主人公がオレ様キャラだけど、物語が進むにつれて同情してしまう。上映時間がちょうど良い長さで、あきない。サントラも、洋楽好きが興味を持てると思います」ときちんとアピール。今後についてはモデルのほかに役者にも興味があるそうで、お気に入りの役者は「日本だと、佐藤二朗さんや六角精児さんや岩松了さんなどの個性派の方々。海外ではクリストファー・ウォーケンやジョン・トラヴォルタさんに憧れています」と意外な顔ぶれを挙げて、記者たちを感心させる場面もあった。(古河優)

映画『ビーストリー』DVDは7月3日よりレンタル開始 セルは8月2日発売(税込み:3,990円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]