ウルトラマン、中国で再び劇場公開!邦画史上最大ヒットの前回超える2,800スクリーン上映!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウルトラマンが国境越える!中国の子どもたちの前にゼロ再登場! - (C) UZ-ROB Film Partners

 日本を代表する人気特撮番組「ウルトラマン」シリーズの劇場版が、昨年に続き中国で公開されることが発表となった。上映されるのは、映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』で、7月12日から公開となる。

映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』場面写真

 テレビで幾度となく放映され、中国でも高い人気を誇る「ウルトラマン」シリーズだが、映画館では昨年の『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の上映が初。日本映画最大規模となる約1,000館、約2,700スクリーン以上で上映された。

[PR]

 円谷プロダクションによると、同作は邦画としては中国で過去最大のヒットを記録し、3,000万人民元(約3億6,000万円・1人民元12円換算)を超える興行収入をたたき出したという。そのヒットを背景にしての公開となる今年は、前作をはるかに超える2,800スクリーンでの上映が予定されており、昨年以上のヒットが期待できそうだ。

 映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』は、前作に登場し、昨年中国でお目見えした、ウルトラセブンの息子、ウルトラマンゼロがメインとなる劇場版。前作に登場した宿敵ウルトラマンベリアルも再登場し、中国の子どもたちを前に、ゼロと壮絶な戦いを繰り広げる。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]