沢尻エリカ「別に」から5年…金髪ショート、満面の笑顔で舞台あいさつに登場!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
金髪ショートカットといういでたちで登場した沢尻エリカ

 14日、女優・沢尻エリカが、5年ぶりに映画主演を果たした『へルタースケルター』の初日舞台あいさつに金髪ショートカットという姿で登壇した。本舞台あいさつには大森南朋綾野剛窪塚洋介哀川翔蜷川実花監督も出席した。

映画『ヘルタースケルター』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 体調不良により5月半ばから本作のプロモーション活動を休止していた沢尻。先日のジャパンプレミアでも姿を見せることなく、その動向が注目されていたが、この日は金髪にショートヘアーといういでだちでさっそうと登場すると、満員の客席を見て「超緊張する」と第一声。「5年ぶりの主演映画で、今日、この場所に来られてとてもうれしい」と笑顔であいさつした。

[PR]

 沢尻といえば、2007年に公開された主演映画『クローズド・ノート』の初日舞台あいさつで不機嫌な対応をして場内を騒然とさせた。しかし、この日は常に笑顔で、司会者の質問にも真摯(しんし)な態度で答え、客席からの声掛けにも笑顔で応じるなど上機嫌。本作のりりこという役柄には思い入れが強いようで「この作品とりりこという役には真剣に向き合った。魂を削って作った作品なので、たくさんの人に観てほしい」と力強くアピールした。

 そんな沢尻だったが「今一番手に入れたいものは?」との質問に「透明人間になりたい。誰からも見えなくなりたい」と発言。過熱する報道に対する本音なのか冗談なのかは明かさなかったが、その回答に場内は笑いに包まれた。

 本作は人気漫画家・岡崎京子の同名原作を蜷川実花監督が映画化。全身整形で究極の美を手に入れトップモデルに登りつめたりりこ(沢尻エリカ)が、欲望渦巻く芸能界で懸命に生きる姿を描いた物語。8月14日から台湾、9月20日から香港、そして韓国での公開が決定している。(磯部正和)

映画『ヘルタースケルター』は丸の内ピカデリーほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]