伝説的プロデューサー、リチャード・D・ザナックさんが心臓発作で死去 『JAWS/ジョーズ』『ドライビングMissデイジー』などを手掛ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈り致します - リチャード・D・ザナックさん - Ian Gavan / Getty Images

 映画『JAWS/ジョーズ』のプロデューサー、リチャード・D・ザナックさんが心臓発作のため亡くなった。77歳だった。

映画『JAWS/ジョーズ』フォトギャラリー

 リチャードさんは、1990年の映画『ドライビング Miss デイジー』でアカデミー賞作品賞を受賞。最近ではティム・バートンと組むことが多く、映画『ダーク・シャドウ』『アリス・イン・ワンダーランド』『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』『チャーリーとチョコレート工場』のプロデューサーを務めてきた。

[PR]

 リチャードさんがティムと最初にタッグを組んだのは2001年の映画『PLANET OF THE APES 猿の惑星』で、ティムは彼のことを「心を穏やかにしてくれる人」と表現。「混乱した状況を自ら解決したいがために混乱を巻き起こす人たちと仕事をしてきたが、彼は違う。彼ほどの経験がありながら、今でも情熱的で何事にも楽観的でいられるというのはすばらしいことだ」とティムは語っており、リチャードさんとの仕事を好んでいた様子がうかがえる。

 20世紀フォックスのトップに立ったこともあるリチャードさんはロサンゼルスにある自宅で息を引き取ったという。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]