深津絵里、舞台で歌声を披露! 作曲の椎名林檎は「この声に似合わない調べはありません」とベタぼれ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
真剣な面持ちな会見に臨んだ深津絵里

 20日、新宿のパークハイアット東京でNODA・MAP第17回公演「エッグ」制作発表会見が行われ、妻夫木聡深津絵里仲村トオル秋山菜津子大倉孝二藤井隆野田秀樹橋爪功がそれぞれの意気込みを語った。

NODA・MAP第17回公演「エッグ」制作発表会見フォトギャラリー

 妻夫木、深津という映画『悪人』で共演した二人が再タッグを果たした舞台「エッグ」は、椎名林檎が楽曲を提供するということでも話題に。内容としては20世紀の大衆を魅了した「スポーツ」と「音楽」をテーマにした作品となることだけがアナウンスされており、それについて野田は「不可解にして愉快、爽快で若い。かつ老かいな芝居を目指します」と得意の言葉遊びを交えながら、宣言した。

[PR]

 「シンガーソングライター」役の深津は、劇中で歌う楽曲を手掛ける椎名林檎との共同作業を進めているといい、「林檎さんは素晴らしい才能をお持ちで、信じられないくらいかわいくてやさしくて。挙句の果てには、すごく頭のいい方」と絶賛。「1か月間そばで感じたことを、『シンガーソングライター』の役に吸収させていきたいと思います。今のうちから役づくりが始まっていて、得しています」と刺激を受けている様子だ。

 この日の会見を欠席した椎名は、代読という形でコメントを発表。「現時点では、いったいどんなひとがどんなことを思うお芝居なのか、まったく想像出来ていません。しかし深津絵里さんの声です。意味深な質感に、断定的な量感、そして婀娜(あだ)っぽくうつろう色合い。唯一無二と書いてトクベツと読むこの声に、似合わない調べはありません。すてきな機会に感謝!」という椎名のコメントに、深津は「プレッシャーですね。でも頑張ります」と自らを奮い立たせていた。(取材・文:壬生智裕)

NODA・MAP第17回公演「エッグ」は9月5日から10月28日まで東京芸術劇場プレイハウスで上演 7月21日に一般前売り開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]