ピーター・オトゥール、俳優引退を発表…『アラビアのロレンス』などでアカデミー賞に8度ノミネート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
俳優引退を発表したピーター・オトゥール - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 映画『アラビアのロレンス』などで知られるピーター・オトゥールが俳優引退を発表した。1960年の映画デビューから50年以上にわたって活動を続け、アカデミー賞には8度、それもすべて主演男優賞でノミネートされていながら、受賞には一度も至らず。第75回アカデミー賞では長年の功績をたたえられ、名誉賞を授与された。

ピーター・オトゥールの代表作!映画『アラビアのロレンス』場面写真

 現在79歳のピーターは声明の中で「そろそろ潮時です。映画からも、舞台からも引退します。情熱はすでに消えてしまいました。戻ってくることはないでしょう」と発表。

[PR]

 「わたしの俳優人生は、皆さんからの支持や満足感、そして快適な生活を与えてくれました。わたしは失敗作も成功作も良き人々、良き仲間と分かち合うことができました。ですが、いつか幕を引かなくてはならないときがあると信じています。なので、わたしは俳優業に誇らしく別れを告げましょう」

 アイルランド出身のピーターの代表作は『アラビアのロレンス』のほか、『冬のライオン』『チップス先生さようなら』『ラ・マンチャの男』『カリギュラ』など。近年では、2004年の映画『トロイ』でブラッド・ピットオーランド・ブルームダイアン・クルーガーなどと共演した。

 ピーターは1975年に腹部の悪性腫瘍で一時は命も危ないといわれていたが、奇跡的に快復。手術後はアルコールを断ったことでも知られている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]