スティーヴン・ソダーバーグ監督が男性ストリッパーを題材にした映画『マジック・マイク』、すでに続編企画中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
続編に向けてすでにやる気満々さ! - チャニング・テイタム - Gregg DeGuire / WireImage / Getyy Images

 スティーヴン・ソダーバーグ監督による男性ストリッパーを題材にしたチャニング・テイタム主演の映画『マジック・マイク(原題) / Magic Mike』が、すでに続編企画中であることが、チャニング・テイタム本人の口からイギリスのGlamour Magazineとのインタビューで明らかになった。

 週末4日間だけで7,700万ドル(約61億6,000万円)を稼ぎ出したスマッシュ・ヒットになっているこの大人(の女性)向きの映画は、驚いたことに700万ドル(約5億6,000万円)の低予算で作られており、すでに続編製作にはゴー・サインが出ているようだ。(1ドル80円計算)

 チャニングは、『マジック・マイク(原題)』の続編は?と問われ、「そう! そう! そうなんだ! 僕たちはすでにコンセプト作りを始めているんだ。今度のは脚本もぶっ飛ばしたいし、もっとスケールの大きな話にしたいと思ってるんだよ」と答えている。

 引き続きスティーヴン・ソダーバーグ監督がメガホンを取るのかなどまだ明らかになっていないが、チャニング・テイタムはやる気満々だ。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]