クリスティン・チェノウェス、ドラマの撮影中に照明機材でケガ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
撮影中にケガをし病院に搬送されたクリスティン・チェノウェス - Jason Merritt / Getty Images

 クリスティン・チェノウェスがテレビドラマ「グッド・ワイフ」の撮影中にケガをし、病院に搬送されたという。

 クリスティンは同ドラマの第4シーズンで政治記者を演じているが、撮影中に風で飛ばされた照明機材に当たり、転んだときに道路に頭を打ち付けた可能性があるとのこと。「クリスティンはすでに退院をしており、自宅で療養しています。ファンのみなさんからのお見舞いのメッセージやお祈りに感謝しています」とスポークスマンはコメントしており、大事には至らなかったようだ。

 クリスティンとブロードウェイの舞台「プロミセズ、プロミセズ(原題) / Promises, Promises」で共演したショーン・ヘイズは、彼女のケガを聞いてびっくり。「僕の元相手役が早く回復するように愛と祈りをおくります」とツイートしている。クリスティンのケガにより撮影スケジュールが遅れるかどうかは発表されていない。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]