ジョージ・クルーニーがプロデュースする新作映画にアカデミー賞ノミネート女優ジュリエット・ルイスが出演交渉

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演交渉中のジュリエット・ルイス - Gregg DeGuire / FilmMagic / Getty Images

 ジョージ・クルーニーがプロデュースし、メリル・ストリープジュリア・ロバーツがW主演する作品『オーガスト:オーセージ・カウンティー(原題) / August:Osage County』に、映画『ケープ・フィアー』でアカデミー賞にノミネート経験のある個性派女優ジュリエット・ルイスが出演交渉中とのことがDeadline.comほか複数のメディアによって伝えられた。

ジュリエット・ルイス出演映画『誘拐犯』場面写真

 これは、ピューリッツァー賞を受賞したトレイシー・レッツの同名戯曲を映画化することになっており、そのストーリーは、アルコール中毒の夫が行方不明となった中西部に住むウェストン家を通して、常に複雑な問題を抱え、衝突が絶えない家族を描いた作品。メリル・ストリープが行方不明の夫を持つ女家長ヴァイオレット、ジュリア・ロバーツがその母親と喧嘩してばかりの娘バーバラを演じることになり、ジュリエット・ルイスが承諾すれば妄想癖のある末っ子のカレンを演じることになる。

[PR]

 監督は、映画『カンパニー・メン』のジョン・ウェルズがメガホンを取り、脚本は原作を執筆したトレイシー・レッツがそのまま脚色することになっている。

 撮影は、今年の8月スタートの予定。プロデューサーのジョージ・クルーニー、主演のメリル・ストリープとジュリア・ロバーツ、ジュリエット・ルイスとアカデミー賞受賞あるいはノミネート女優の共演で楽しみな作品になりそうだ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]