ロビン・ウィリアムズ、8人の米国大統領に仕えた執事を描いた『ザ・バトラー(原題)』で、アイゼンハワー元大統領役に決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アイゼンハワー元大統領を演じることが決まったロビン・ウィリアムズ - Todd Williamson / Getty Images

 1952年のトルーマンから1986年のレーガンまで、およそ30年にわたり8名の米国大統領に仕えた実在の執事ユージン・アレンと彼の目を通した米政界を描いた映画『ザ・バトラー(原題) / The Bulter』に、ハリウッドの名優ロビン・ウィリアムズが、第34代大統領のドワイト・アイゼンハワーを演じることになったとVultureが伝えた。

こちらでは第26代大統領のセオドア・ルーズベルトを演じていました 映画『ナイト ミュージアム』写真ギャラリー

 本作は、映画『プレシャス』でアカデミー賞にノミネートされたリー・ダニエルズ監督がメガホンを取ることになっており、すでにジョン・キューザックのニクソン役、アラン・リックマンのレーガン役、ジェーン・フォンダナンシー・レーガン役などがすでに決まっている。

[PR]

 本作は2013年公開予定。主演のユージン役や撮影時期などは、まだ明らかになっていない。

 着々と豪華なメンバーが集まりつつある本作、手ごたえのある政治ドラマに仕上がりそうだ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]