8名の米国大統領に仕えた実在の執事が主人公『ザ・バトラー』、リーヴ・シュレイバーがジョンソン大統領役に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リーヴ・シュレイバー - Jennifer Polixenni Brankin / Getty Images

 1952年のトルーマンから1986年のレーガンまで、およそ30年にわたり8名の米国大統領に仕えた実在の執事ユージン・アレンと彼の目を通した米政界を描いた映画『ザ・バトラー(原題) / The Bulter』で、映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『ソルト』のリーヴ・シュレイバーが第36代大統領のジョンソン大統領を演じることがDeadline.comなど複数メディアによって報じられた。

リーヴ・シュレイバー出演映画『ソルト』場面写真

 この作品は、映画『プレシャス』でアカデミー賞にノミネートされたリー・ダニエルズ監督がメガホンを取ることになっており、すでにロビン・ウィリアムズがアイゼンハワー大統領、ジェームズ・マースデンがジョン・F・ケネディ大統領、ジョン・キューザックがニクソン大統領、アラン・リックマンがレーガン大統領、ジェーン・フォンダナンシー・レーガンミンカ・ケリージャクリーン・ケネディを演じることが決まっている。

[PR]

 当初、リーアム・ニーソンにジョンソン大統領のオファーがあったが、それは実現に至らなかったようだ。

 リーヴ・シュレイバーの待機作にはケイト・ハドソンキーファー・サザーランド共演の映画『ザ・リラクタント・ファンダメンタリスト(原題) / The Reluctant Fundamentalist』、トニ・コレット共演の映画『メンタル(原題) / Mental』など目白押しだ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]