アカデミー賞受賞・ノミネート俳優の豪華な共演が話題のジョージ・クルーニー製作の新作にエミー賞助演女優賞受賞のマーゴ・マーティンデイルが出演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エミー賞助演女優賞マーゴ・マーティンデイル - David Livingston / Getty Images

 主演にメリル・ストリープジュリア・ロバーツジュリエット・ルイスアビゲイル・ブレスリンとアカデミー賞受賞あるいはノミネート女優の共演が話題の映画『オーガスト:オーセージ・カウンティー(原題) / August:Osage County』に、2011年にテレビドラマ「ジャスティファイド(原題) / Justified」でエミー賞助演女優賞を受賞したマーゴ・マーティンデイルが出演することがDealine.comによって明らかになった。

マーゴ・マーティンデイル最新出演作 映画『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』写真ギャラリー

 この作品は、ピューリッツァー賞を受賞したトレイシー・レッツの同名戯曲を映画化で、そのストーリーは、アルコール中毒の夫が行方不明となった中西部に住むウェストン家を通して、常に複雑な問題を抱え、衝突が絶えない家族を描いた作品。メリル・ストリープが行方不明の夫を持つ女家長ヴァイオレット、ジュリア・ロバーツがその母親と喧嘩してばかりの娘バーバラを演じることになり、アビゲイル・ブレスリンはバーバラの娘で、辛らつで怒りっぽくマリファナを吸いまくるという14歳を演じることが決まっている。マーゴ・マーティンデイルはメリル・ストリープ演じるヴァイオレットの姉妹で、クリス・クーパー演じるチャーリー・エイキンの妻、マッティー・フェイ・エイキンを演じるとのこと。

 監督は、映画『カンパニー・メン』のジョン・ウェルズがメガホンを取り、脚本は原作を執筆したトレイシー・レッツがそのまま脚色することになっている。

 撮影は、今年の8月スタートの予定。ますます顔ぶれが豪華になってきたこの作品、完成が本当に楽しみだ。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]