リース・ウィザースプーン、ロマコメ女王に復帰!新作『ザ・ビアード』でゲイのお相手!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リース・ウィザースプーン - Chris Jackson / Getty Images

 リース・ウィザースプーンが新作『ザ・ビアード(原題) / The Beard』で製作・主演を務め、ロマンチック・コメディーの女王の座に戻ってくることがHollywood Reporterで報じられた。

リース・ウィザースプーンのロマコメと言えばこれ!! 映画『キューティ・ブロンド』フォトギャラリー

 本作は、MTVのアニメーションシリーズ「グッド・ヴァイブズ(原題) / Good Vibes」の脚本家ベッカ・グリーンがペンを執るもので、監督はまだ決定していない。

[PR]

 リースは、ゲイ男性たちのカモフラージュのお相手でデートサービスを行う女性を演じるが、ストーリーの詳細はまだ明らかになっていない。

 映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でアカデミー賞主演女優賞など2005年の賞レースを総なめにした演技派のリースだが、もともとは2001年の映画『キューティ・ブロンド』のようなロマンチック・コメディーが得意分野だった経緯がある。2012年の映画『 Black & White/ブラック & ホワイト』でもクリス・パイントム・ハーディの二人を天秤にかけるモテ期のアラサーを演じ大ヒットした。

 彼女が原点に戻ったようなこの作品、どのような演技を見せてくれるのか楽しみだ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]