『スーパーマン』母マーサ役のフィリス・サクスターさんが死去 90歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フィリス・サクスターさん - ご冥福をお祈りいたします - ABC Photo Archives / Getty Images

 クリストファー・リーヴさん主演の1978年の映画『スーパーマン』で、クラーク・ケント / スーパーマンの母マーサを演じていたフィリス・サクスターさんが現地時間14日、米フロリダ州にある自宅で死去した。90歳。晩年はアルツハイマーに苦しんでいたという。

1978年の映画『スーパーマン』フォトギャラリー

 The Hollywood Reporterによると、フィリスさんは1921年生まれ。舞台を中心に活躍していたところをスカウトされ、1940年代にMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)と契約。1944年の『東京上空三十秒』で銀幕デビューを飾り、その後30年以上にわたってハリウッドで活躍した。

[PR]

 マーサ・ケントを演じた1978年の映画『スーパーマン』を最後に、映画業界の第一線からは退き、その後は舞台・テレビで活動。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにも名前がある。

 折しも「スーパーマン」は、映画『マン・オブ・スティール (原題) / Man of Steel』として、ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン製作でリブートされるところ。フィリスさんが演じたマーサ・ケントは、ダイアン・レインが演じることが発表されている。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]