『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス、ついに本格復帰!新作テレビシリーズに主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新たなテレビシリーズをプロデュースし、自身も出演するというマイケル・J・フォックス - Robin Marchant / FilmMagic / Getty Images

 1991年にパーキンソン病と診断されたマイケル・J・フォックスが、本格的な俳優復帰を果たすことが明らかになった。

マイケル・J・フォックス出演!『バック・トゥ・ザ・フューチャー 』写真ギャラリー

 マイケルは、来年放送の新テレビシリーズ(タイトル未定)に主演予定。Vultureによると、同作はマイケル自身の生涯を基にしたもので、映画『小悪魔はなぜモテる?!』のウィル・グラック監督、そしてテレビドラマ「クーガータウン」「ブル~ス一家は大暴走!」などの脚本家サム・レイボーンとタッグを組むという。

[PR]

 現在51歳のマイケルは、1980年代のテレビドラマ「ファミリー・タイズ」で人気を獲得すると、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのマーティ役で大ブレイク。その後もテレビドラマ「スピン・シティ」に主演するなどしていたが、1998年にパーキンソン病であることを公表。2000年にはパーキンソン病患者を手助けをするマイケル・J・フォックス基金を設立し、自分の治療と基金の運営に集中するため、俳優業の第一線からは退いていた。

 最近では、テレビドラマ「ボストン・リーガル」「グッド・ワイフ」などにゲスト出演。5月に行った米ABCのインタビューでは、新しい投薬計画のおかげで症状をコントロールできるようになり、俳優活動にも積極的に取り組めるようになったと語ったマイケル。満を持しての主演復帰となる。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]