イケメン俳優エズラ・ミラー、同性愛者であることをカミングアウト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
同性愛者であることを告白したエズラ・ミラー - George Pimentel / Getty Images

 映画『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラーが同性愛者であることを告白した。

エズラ・ミラーの鬼気迫る演技! 映画『少年は残酷な弓を射る』フォトギャラリー

 同性愛者向け雑誌Out Magazineのインタビューに応じたエズラは、「僕は同性愛者です」と明言すると「僕には性別やジェンダーがまったく違う、けれども素晴らしい友人がたくさんいます。でも、特定の誰かと恋をしているわけではありません」とコメントした。

[PR]

 現在19歳のエズラは、今年日本公開されたリン・ラムジー監督の映画『少年は残酷な弓を射る』でティルダ・スウィントン演じる主人公の息子を好演。放送映画批評家協会賞若手俳優賞にノミネートされた。

 この秋には新作映画『ザ・パーク・オブ・ビーイング・ア・ウォールフラワー(原題) / The Perks of Being a Wallflower』の公開を控えているエズラは、同作でゲイの高校生役に挑戦する。

 最近、同性愛者であることを公表した俳優には海外ドラマ「ホワイトカラー」のマット・ボマー、『スター・トレック』のスポック役のザカリー・クイントなどがいる。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]