藤原竜也、自分の選択に間違いなしときっぱり!事務所絡みの質問には苦笑

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これまでの選択に間違いなしときっぱり!藤原竜也

 20日、都内の日本外国特派員協会にて藤原竜也主演最新作『I'M FLASH!』の記者会見が行われ、藤原が豊田利晃監督と出席し、外国人記者からの質問に率直に答えた。

映画『I'M FLASH!』外国人記者向け記者会見ギャラリー

 本作は『蘇りの血』『モンスターズクラブ』などの豊田利晃監督が、ロックバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」の鮎川誠による楽曲「I'M FLASH」にインスパイアされ、脚本・監督を務めたオリジナル作品。藤原ふんする新興宗教団体の若き三代目カリスマ教祖・ルイを取り巻く事件や、隠された教団の陰謀など、波乱の運命を描く。ルイに興味を抱くボディーガードを松田龍平、ルイに近づく謎の美女役を水原希子が演じる。

[PR]

 相手が外国人記者とあって、通常の日本のマスコミ向け会見では出ないようなユニークな質問が出たこの日の会見。藤原は「日本ではタレント事務所の力が大きく、俳優は安全な作品に出演するよう促されるとよく言われている。こういうシリアスな作品に出るのはチャレンジだったのでは?」という質問を受けた。それに対して藤原は「僕の中にもそういう思いはある。ただやはり、楽なものより挑戦し続けていく仕事のほうが自分にとってもいいだろうし、僕はそういう環境で育ってきた。何かに反発したり、違うものにトライしたほうが面白い。自分の選択に間違いはないかな」と自信の表情で答えた。

 さらに、「(藤原の所属事務所)ホリプロが、この作品への出演をOKしたいきさつは?」と聞かれた藤原は「やっぱり、それはお金の問題も出てきますし(笑)。本当に、多くのスタッフが僕のわがままを聞き入れてくれたということではないでしょうか」と苦笑しながら答えた。すると横の豊田監督が「(ホリプロは藤原の)出演だけでなく、お金(製作費)も集めてくれた。本当に素晴らしい会社だと思います」と感謝のコメント。

 その豊田監督には「昨今の邦画は漫画や小説を映画化したものが多いが、監督はなぜオリジナル作品を作り続けることができるのか?」という質問が。それに監督は「漫画より面白い脚本を書けばいい。あと、プロデューサーをどうやってだますか。でもオリジナル作品に製作費を出してくれる人もいっぱいると思う」とユーモアを交え答えていた。(古河優)

映画『I'M FLASH!』は9月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]