トム・クランシーの「ジャック・ライアン」シリーズのスピンオフ企画が決定!ケヴィン・コスナーが2本ともに出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
往年の輝きを再び!「ジャック・ライアン」シリーズとそのスピンオフに出演決定! - ケヴィン・コスナー - Flanigan / FilmMagic / Getty Images

 パラマウント・ピクチャーズが、ベストセラー作家トム・クランシーの「ジャック・ライアン」シリーズのスピンオフ作品「ウィズアウト・リモース(原題)/ Without Remorse」(邦題「容赦なく」)の映画化を企画しており、ケヴィン・コスナーが、「ジャック・ライアン」シリーズ最新作だけでなく、スピンオフ作品にも出演することが決定したとのニュースがDeadline.comによって報じられた。

ケヴィン・コスナー出演 映画『JFK』写真ギャラリー

 ケヴィン・コスナーはクリス・パイン主演の「ジャック・ライアン」シリーズ最新作では、原作にない新しいキャラクターのウィリアム・ハーパーというジャック・ライアンをCIAにリクルートするメンター役を演じることになっているが、今回の『ウィズアウト・リモース(原題)/ Without Remorse』では同じくウィリアム・ハーパーで、後にMr.クラークというコードネームを持つジョン・ケリーをリクルートする役を演じることになるという。

[PR]

 またパラマウント・ピクチャーズは、スピンオフ作品のジョン・ケリー役に映画『ダークナイト ライジング』のベイン役のトム・ハーディを検討中とのこと。ジョン・ケリーは過去には1994年の映画『今そこにある危機』ではウィレム・デフォーが演じていた役だ。

 脚本は映画『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したクリストファー・マッカリーが映画用にペンを入れ、メガホンも持つ可能性もあるという。

 ケヴィン・コスナーにはビッグ・スクリーンで、往年以上の輝きを放ってほしいと願う。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]