『アベンジャーズ』でニック・フォーリーの美人秘書を演じたコビー・スマルダーズ、ヴィンス・ヴォーンのコメディー『スターバック』に出演交渉

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『アベンジャーズ』ではアクションで見せていましたが、コメディでの演技も見てみたいですね - コビー・スマルダーズ - Gary Gershoff / WireImage / Getty Images

 映画『アベンジャーズ』でニック・フォーリーの美人秘書エージェント・マリア・ヒルを演じたコビー・スマルダーズが、ヴィンス・ヴォーンのコメディー映画『スターバック(原題) / Starbuck』に出演交渉とのニュースがThe Hollywood Reporterなど複数メディアで報じられた。

コビー・スマルダーズ出演 映画『アベンジャーズ』写真ギャラリー

 この作品のストーリーは、ごく普通の中年男のデヴィッドが、精子提供を通じて533人の父親になっている事実が発覚し、人生が変わっていくというもので、数百人にのぼる子どもたちが自分たちの生物学的な父親に会いたいとして「スターバック」という名前で知られる匿名の男性(デヴィッド)に対して訴訟を起こすという内容。ただならぬ事態を知り、デヴィッドは名乗り出るか出ないかの決断を迫られるコメディーだという。

[PR]

 コビー・スマルダーズがオファーを承諾すると、妊娠中のデヴィッドの恋人で「スターバック」の話を知るものの、それが自分の彼とは思いもよらない女性を演じるとのこと。

 『アベンジャーズ』では激しいアクションシーンで切れのある動きを見せたコビーだが、今度は、身重の体でコメディー演技、大変楽しみなキャスティングになりそうだ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]