50セントの長年のマネージャーが44歳で死去 拳銃自殺の可能性

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りします - ヒップホップ・アーティストであり50セントのマネージャーだったクリス・ライティさん

 長年にわたりヒップホップ・アーティスト、50セントのマネージャーだったクリス・ライティさんが亡くなった。44歳だった。

50セント主演 映画『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』写真ギャラリー

 ライティさんはこれまでP・ディディやマライア・キャリー、ジャ・ルールなどのマネージャーも務めた人物で、映画『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』ではプロデューサーにも名を連ねている。New York Daily News紙によると、ライティさんは現地8月30日にニューヨークの自宅で遺体で発見され、頭を拳銃で撃ちぬいた自殺である可能性が高いらしい。

[PR]

 Def Jamの創始者の一人であるラッセル・シモンズは、ライティさんの突然の訃報にコメント。「ヒップホップ界のヒーローを失ったことに深い悲しみを覚えています。クリス・ライティは子どものころから僕の大切な友人でした。彼はすばらしいビジネス・パートナーで、彼と一緒に成し遂げた仕事を誇りに思います。彼は、ストリートキッドでも情熱があれば、このビジネスで最もバランスの取れた、賢く、思いやりのあるマネージャーと寛大な慈善家になることができるということを証明した人物です。僕を含め、彼を知る誰からも愛されていました。みんなが彼の死を惜しむことでしょう」と声明を出している。

 リアーナもツイッターで「クリス・ライティ、安らかに眠って。彼の家族と愛する人たちのためにお祈りしています。神様、どうかご慈悲を」とつぶやき、ジャスティン・ビーバーのマネージャーも、友人をこんなに早くに亡くしたことを悲しく思うとツイートしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]