『ワイルド・スピード』6作目を撮影中のドウェイン・ジョンソン 盗み目的でセットに入り込んだ若者を追い払う

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
FBI捜査官の衣装を着てセットに入り込んだ若者を追い払ったというドウェイン・ジョンソン - Kevin Winter / Getty Images

 映画『ワイルド・スピード』の第6弾となる『ザ・ファースト・エンド・ザ・フュリアス6(原題) / The Fast and the Furious 6』を撮影中のドウェイン・ジョンソンが、窃盗をしようとした若者を追い払ったという。

ドゥエイン・ジョンソン出演映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』場面写真

 ロンドンで同映画の撮影をしていたドウェインは、近くの倉庫に盗み目的で押し入ろうとする若者のグループを目撃。本番の撮影中にもかかわらず、シーンの途中でドウェインは倉庫の方向へと猛スピードで走り、若者たちを追い払ったという。ドウェインが着ていたのはFBI捜査官の衣装だったというから、犯人たちも相当あせったことだろう。

[PR]

 「おかしかったよ。ザ・ロック(ドウェインのニックネーム)はアクション・ヒーローそのものだった。防弾チョッキを着て、手にはFBIのバッヂも持っていた。ものすごい銃声が聞こえたかと思うと、巨大な男が追いかけてきたんだから、少年たちはビビって逃げて行ったよ。スタッフは、警備員をクビにしてザ・ロックにやらせようかとジョークを飛ばしていた」と関係者はThe Sun紙にコメントしている。

 『ザ・ファースト・エンド・ザ・フュリアス6(原題)』にはヴィン・ディーゼルのほか、リアーナも悪役で出演している。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]