メリル・ストリープ&ヒラリー・スワンク、トミー・リー・ジョーンズ監督作に出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メリル・ストリープとヒラリー・スワンク

 缶コーヒー「BOSS」のCMキャラクターでもおなじみの俳優トミー・リー・ジョーンズが監督を務める映画『ザ・ホームズマン(原題) / The Homesman』に、メリル・ストリープヒラリー・スワンクの二大オスカー女優が出演することが明らかになった。

トミー・リー・ジョーンズ監督の映画『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』フォトギャラリー

 同作はトミーが製作・監督・脚本・主演を務める作品。トミー演じる開拓者と辺境に住む女性が、3人の女性を連れてアメリカの大平野を横断するロードムービーとなっている。The Wrap Moviesによると、ヒラリーが辺境に住む女性を演じるというが、メリルがどんな役柄で登場するのかは明かされていない。

[PR]

 トミーをはじめ、メリル、ヒラリーと現在わかっている同作の出演者は皆アカデミー賞受賞経験あり。さらにトミーとメリルは、今年全米で公開された映画『ホープ・スプリングス(原題) / Hope Springs』で共演しており、それに続いてのタッグとなる。

 俳優としてアカデミー賞、カンヌ国際映画祭男優賞をそれぞれ1度ずつ獲得しているトミーは、1994年のテレビ映画『ワイルド・メン』で監督デビュー。2005年には『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』で劇場映画監督デビューを果たしているが、監督・脚本・製作を兼ねるのは今回が初めてのこととなる。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]