吉高由里子・石原さとみ・柴咲コウが美の競演!三者三様の魅力に観客熱狂!

第25回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
吉高由里子&石原さとみ&柴咲コウ それぞれの個性が発揮された衣装で

 20日、第25回東京国際映画祭グリーンカーペットイベントが行われ、吉高由里子石原さとみ柴咲コウをはじめとする女優陣が映画祭のオープニングを華やかに彩った。

華やかなファッション競演!フォトギャラリー

 今年のグリーンカーペットでは、黒のドレスが人気。TIFFアンバサダーの前田敦子、『終の信託』の草刈民代、『旅の贈りもの 明日へ』の山田優、『グッモーエビアン!』の麻生久美子、そして映画『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』のナビゲーターを務める上戸彩が、それぞれ趣向を凝らした黒のドレスで登場した。

[PR]

 だが、その中で一際目を引いたのが映画『横道世之介』でヒロインを演じる吉高由里子。美脚を見せつけるかのようなミニに加え、左肩をたっぷり露出したワンピースに観客からは思わず感嘆のため息も。『蛇にピアス』以来5年ぶりの共演となる高良健吾ともお似合いであり、グリーンカーペットではベストカップルぶりを見せつけた。

 一方、鮮やかなピンクのドレスで登場したのが石原さとみ。『カラスの親指』ではこれまでにないはっちゃけぶりを披露しているとあってか、セクシーな大人の魅力たっぷりな衣装は扇情的なほどに背中の開いたもの。カメラを向けられると、くるりとその場で一回転して肌のあらわになった背中を見せるサービス精神も発揮した。

 また、洋装の多かった日本人女優の中で、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の柴咲コウは和服でグリーンカーペットを闊歩。白と黒のコントラストが印象的な着物に加え、折り鶴の髪飾りという、これぞ"和”という衣装に身を包んだ柴咲は、まさにジャパニーズ・ビューティーを体現。沿道から「かわいいー!」と声を掛けられると思わずはにかむなど、そのかわいらしいしぐさで観客を魅了していた。(編集部・福田麗)

第25回東京国際映画祭は10月20日より28日まで六本木ヒルズほかにて開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]